地域創生と雇用問題を考える|地域雇用.com

日本の地域創生と雇用問題|地域雇用.com

新卒一辺倒の就職活動にフリーという生き方で物申す

読了までの目安時間:約 6分

 

「就職活動に失敗した学生、自殺」

 

ここ数年、こんな一文が新聞の紙面を飾る事が珍しくなくなってきました。

 

希望の会社に入れないどころか内定を得る事すら難しい学生が出ている程でようやく内定を掴んだと思ったのに、内定取り消しを受けてしまい一から就職活動をやり直す羽目になったという話も珍しくありません。

 

また就職活動を続けていく内に心の病を患ってしまうのも、新卒だけに限らず既卒の人間でも多いという有様。

 

このような就職活動を今後も続けるべきなのか疑問に思います。

 

現状の就職活動の問題点

まず現在の就職活動で新卒の時点で入社出来ないと大きく人生が左右されてしまうのは大きな問題です。

 

具体的には以下の二点です。

 

1.その後の人生のキャリアアップに繋がりにくい

2.就職活動に失敗すると正社員の道は厳しくなる


 

タグ :  

雇用問題 就職問題