地域創生と雇用問題を考える|地域雇用.com

日本の地域創生と雇用問題|地域雇用.com

サービス残業の原因と対策

読了までの目安時間:約 5分

 

いわゆるサービス残業について検討してみます。サービス残業は一般的には、管理監督者でないものが、従業員が働いた分の残業を支払われないまま、労務を提供することをさすと思います。

 

この背景には、どうせやっても支払われないものや、従業員側で「そんなに時間をかけたのなら」または、残業は上司の指揮命令のため行うものであるため、上司に言いづらく、多くの時間をかけたことを秘して業務を完成するものなどの背景があると思います。

 

いずれにしても会社がきちんとした態度を見せず、払うものを払わず、また職場環境が円滑でないなどの理由があると思います。

 

ただし、これが行き過ぎると、従業員は何時間でも残業することになってしまうため、法制度として設けた多重残業による健康診断受診義務や深夜休日労働賃金も支払わず、というさらなる違反も併発することになりかねません。

 

 

正社員とパートの垣根が薄れる現代

日本の労働制度のもとでは、派遣やバイト、パートなどでは比較的こういった問題は起こり難いでしょう。

 

例え起こったとしても、正社員のそれと比較すると大きくないかもしれません。なぜなら、会社としてもこういう派遣の方々は時間管理をし、きちんと仕事状況を把握し、残業を行わせる時はそうするし、そうでない時はさせない。

 

時間もタイムカードや毎日毎日監督者に承認をもらうというシステムを設けたり、シフト制の場合は誰がどの時間働いているか互いに、また社員が把握するため、サービス残業の問題は起こりずらいと思います。

 

ところが契約社員や特に正社員は、ひと昔前のように雇用するという一文だけで、そこに労働時間や残業代の記述は一切ないというところから歴史が始まっていると思います。

 

会社としてはずっと雇ってあげる代わりになるべく会社の言うことを聞いてもらおうとし、プライベートなことまで足を踏むこんでいきます。

 

従業員としては、窮屈だなぁと思いながらも会社に面倒を見てもらうというある人にとってはウィンウィンの関係が出来たのが始まるかもしれません。

 

このような中、ポジション制を採用するする欧米の雇用文化が流れ込み、派遣や契約社員という制度が出てきたことの歪みが正社員に寄ったのかもしれません。

 

原因は以上の通りだと思いますが、対応策はどのようにしたらいいでしょうか?

 

 

企業と従業員の双方の努力こそが問題解決の土台となる

これには企業の注意喚起と従業員の意識を意識を改革していくという双方の努力が不可欠になると思います。

 

これには例えば、派遣社員やパートのように管理監督者ではないものについては、タスクごとにスケジュール管理をし、急ぎやそうでないものを明確に分け、上長に当たる者がしっかり管理をしていくべきだと思います。

 

また、時間を有効に使うことを念頭に置き、今やるべき仕事や他部署が行うべき仕事など棚卸しも必要で会社全体での意識も必要不可欠だと思います。

 

さらに人事を中心に管理監督者にきちんと管理するよう定期的にアナウンスをしてしっかり管理監督者が把握させる仕組みを作ることが必要だと思います。最終的には経営陣に定期的な報告をすることが必要でしょう。

 

幹部が仕事を進めるうえできちんとプランを立てる以上のような対策を講じ、PDCAサイクルで続けていけば、自然と残業、仕事を管理するという癖が身につき、サービス残業も減っていくと思います。

 

これに主導権を取っていくのが経営陣に他ならず、経営者がサービス残業を減らしていくという強い気持ちとコミットメントを持つことが重要で、私は、この経営者がこういう気持ちを持っていないために、人事や管理監督者がサービス残業を減らしていこうという気持ちがあっても達成出来ない職場を何社も聞きました。

 

経営者としては、自分の考えに合わないから、ではなく従業員のことも考え取り組んでもらいたいと思います。

 

タグ :

残業問題