地域創生と雇用問題を考える|地域雇用.com

日本の地域創生と雇用問題|地域雇用.com

食費を減らすならまとめ買いがおすすめ!

読了までの目安時間:約 3分

 

家計の見直しをしたときに、どこが減らせるのかを考えるとまずは食費を減らそうと思い付きませんか?家賃は固定費で減らすことはできないし、光熱費は節約しても目に見えて大幅に減らすことはなかなか難しいです。主人のお小遣いを減らしてもらったり、自分の洋服代や美容代を減らすのも1つの手ですが食費を見直すのが手っ取り早いと思います。我が家は夫婦と1歳の息子の3人家族ですが、結婚当初は共働きで余裕があったので夫婦2人で月に50000円以上は食費にかけていました。外食代は別です。妊娠し主人1人の稼ぎになってから家計の見直しをして食費を減らすことを心がけましたが、今まで好き勝手に食材を買っていたのであれもこれもと考えるとついついかごに入れてしまい、なかなか食費を減らすことができなかったんです。そこで、週に1度曜日を決めてその日にまとめ買いすることにしました。ちょっと面倒ですが、1週間分の献立を考えて使う食材を考えるんです。例えばキャベツは1玉買ってしまえばある日はお肉と炒めてメイン料理になるし、別の日はサラダにまた別の日は味噌汁の具材にと200円くらいで何日も使えるんです。そんな風にして1日単位で食べたいものを考えてスーパーに行くのではなく、予め献立を考えながら計算していくとぐっと食費を減らすことができますよ。最初は慣れないので難しいですが、まずは週に10000円の予算から初めて月の食費を40000円に減らすことに成功しました。今は週に約6000円、月に換算すると約25000程度ですんでいます。ポイントは紙に献立を書き出してシミュレーションしてみることです。疲れますがやりがいがあります。そしてお肉にいくら、お野菜にいくらとこまめにお金の使い道を分けられるようにするとより節約しやすくなりますよ。息子と私のお昼ご飯も含めてこの食費でやっていけるようになり家計がかなり楽になりました。主人は朝ご飯を食べないし息子がまだ小さいのでこの値段ですんでいるのかもしれませんが、これからも出来る限りの節約をしながらバランスの良い食事を心がけるつもりです。借金 一本化 おすすめ

 

未分類