地域創生と雇用問題を考える|地域雇用.com

日本の地域創生と雇用問題|地域雇用.com

ニート、ひきこもりに迫る雇用問題

読了までの目安時間:約 5分

 

今の日本は求人倍率が上がっています。一時期「働きたいのに仕事がない。就職氷河期時代」も今は昔。企業側は働き手を探し、働き手は会社を選ぶ時代。そんな時代に戻りつつあります。

 

あくまで数字の上では。実際の雇用情勢はそう上手くもいっていません。相変わらず就職活動は早め早めに動かないと周囲に置いて行かれる状況。企業側が「誰でも来てください!」なんて言ってくれれば別ですが、もちろん企業は慈善事業ではありません。

 

より優秀な人物、より自社にとってプラスになるであろう人材を探し雇用します。いくつも面接をしてふるいにかけていくのです。

 

崩壊した「入社神話」

そしてそのあとに残った、仕事を得られなかった人達、自分は不必要だと社会に宣告され、ダメージを受けない人なんていません。

 

もちろん就職活動中でなくても、入社してからお払い箱になるケースもあります。すべての会社が上手くいくわけではないので、当然業績が悪ければ人員削減の措置もとるでしょう。

 

「入社すれば今後は安泰」なんて話はもう通用しないのです。

もちろん事故や病気、家族の介護など予期せぬ出来事で仕事を続けられなくなる事もあるでしょう。いつも順風満帆とは限らないのです。

 

そんな様々な理由から社会のレールをはずれてしまった人達。

 

すぐに別の会社や仕事を見つけられれば何も問題はないのですが、深く傷つき、動く気力をも失われた人達は「ニート」や「ひきこもり」といった、社会に参加しない存在なってしまいます。

 

 

一度レールから落ちると復帰が難しい日本

一度なってしまうと、抜け出しにくいニート、ひきこもり。また今の日本が過去の経歴を重視する社会。一度ニートになって履歴書の空白期間をつくってしまうと、なかなか面接試験を突破できなくなります。

 

それが余計にニート達をニートにとどまらせて長期化し、長期化したニートはさらに採用されにくくなる、といった悪循環に陥ってしまいます。社会でバリバリ働くべき20代30代40代の人達にニートが増えていき、人手が足りなくなる。そして海外の人員を積極的に採用する。ますますニート達は働く場所がなくなり…と何もかもが上手くいっていない印象さえあります。

 

根本的な解決は「ニート一人一人が本気を出す」ということになってしまうかもしれません。仕事につけないから働かない、と言葉にするのは簡単ですが、実際そうも簡単ではない家庭も多いでしょう。

 

貧富の格差が拡がり、「貧」の家庭では大人のニートを養えないということも十分考えられます。結局のところ、ニートを続けられる環境があるからこそニートになるのです。

 

 

諸所の要因が複雑に絡まりニートが生まれる

原因も過程も様々なので一概には言えませんが、ニートは何か(多くは親)に甘えることで生活ができているのです。

 

それが常態化すると、自分で何かをしようという気がなくなり「身体は大人、心は子供」という奇妙な存在になってしまうのです。

 

こうなってしまうと自分で奮起するのは困難でしょう。誰かに世話をしてもらうのが普通、と心が理解してしまっているのです。

 

ならば、いっそ国が強制的にニートやひきこもりを雇う、仕事を用意する、というのはどうでしょうか?もちろん努力して会社員や公務員になった人達との、一定の賃金格差は必要ですが、無償ボランティアではなく、しっかりとした仕事を用意する。

 

もちろん適正もあると思いますが、ある程度の「強制」がニート達には効くと思うのです。まずは働くことを知り、思い出させて、少しづつ階段を登るイメージで、実際に働く。企業と国が協力すれば、さらにはかどるでしょう。

 

「支援」ではなく、ある程度の「強制」。こうすることにより、ニート達の根本にある「働きたくない」(働きたいけど、働く場所がない。

 

なども、働かずに生きていける場所があるから言えること。やはり根本は働きたくないのだと思う)という気持ちを「国からの強制なら仕方ない」と変化させることができれば、ニート達のはじめの一歩につながるのではないでしょうか。

 

タグ : 

雇用問題

この記事に関連する記事一覧