地域創生と雇用問題を考える|地域雇用.com

日本の地域創生と雇用問題|地域雇用.com

ニート、ひきこもりに迫る雇用問題

読了までの目安時間:約 5分

 

今の日本は求人倍率が上がっています。一時期「働きたいのに仕事がない。就職氷河期時代」も今は昔。企業側は働き手を探し、働き手は会社を選ぶ時代。そんな時代に戻りつつあります。

 

あくまで数字の上では。実際の雇用情勢はそう上手くもいっていません。相変わらず就職活動は早め早めに動かないと周囲に置いて行かれる状況。企業側が「誰でも来てください!」なんて言ってくれれば別ですが、もちろん企業は慈善事業ではありません。

 

より優秀な人物、より自社にとってプラスになるであろう人材を探し雇用します。いくつも面接をしてふるいにかけていくのです。

 

崩壊した「入社神話」

そしてそのあとに残った、仕事を得られなかった人達、自分は不必要だと社会に宣告され、ダメージを受けない人なんていません。

 

もちろん就職活動中でなくても、入社してからお払い箱になるケースもあります。すべての会社が上手くいくわけではないので、当然業績が悪ければ人員削減の措置もとるでしょう。

 

「入社すれば今後は安泰」なんて話はもう通用しないのです。


 

タグ : 

雇用問題