地域創生と雇用問題を考える|地域雇用.com

日本の地域創生と雇用問題|地域雇用.com

仕事とプライベートのバランスをとりながら残業を少なくする考え方を構築

読了までの目安時間:約 5分

 

私は5年間、主人の仕事の都合でアメリカで生活をした経験があります。アメリカで生活をして、日本とアメリカの働き方の違い、それぞれの良いところ、悪いところを改めて考え直すことができました。

 

 

アメリカのビジネスパーソンはこんなに違う

アメリカでは夕方5時ごろになると帰宅ラッシュが始まり、金曜日の夕方や祝日前には午後3時ごろから帰宅ラッシュが始まります。

 

企業で働く人たちはほぼ定時に仕事を終えるのが当たり前になっているようで、買い物に行っても閉店時間きっちりには外に出るよう促されますし、子供の遊び場に行っても閉館時間の10分くらい前から職員の方が片づけを始め、閉館時間=職員の方が帰る時間となっているところもありました。

 

このような働き方は日本で育った私たちにとっては最初は慣れず、お客様本位ではなく、労働者が優先されるという状況に歯がゆい思いもしました。


 

タグ :  

ブラック企業 残業問題