地域創生と雇用問題を考える|地域雇用.com

日本の地域創生と雇用問題|地域雇用.com

正規と非正規。格差拡大のデメリットと格差縮小のデメリット

読了までの目安時間:約 6分

 

現在の日本社会の雇用問題の起点を探すと「失われた○年」という単語が目に入ります。

 

これが1991年の経済成長安定期の終焉から始まった物や、バブル崩壊と氷河期世代といった単語から始まったのかはともかく、私は日本型社会主義からアメリカ型自由主義への切り替えが起点だと考えています。

 

これはバブル崩壊云々と云うよりは、日本の成長に合わせて得られる富が国民全体に分配するのが限界に達したことで終身雇用制度が限界に達し、正規社会から非正規へと切り替える必要があった為です。

 

なぜ限界に達したのか?というのは、公的機関や関連団体の維持費が年々増加することへの限界や年金など色々あると思いますが、はっきり云えるのは、日本という家は家主の収入だけで家族を養うのが限界に達したことで、終身雇用の正規を減少させて期間雇用の非正規を増加させた、ということです。


 

タグ :   

雇用問題